飯田グループホールディングス

2013年11月、それまで上場していた一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホームの6社が経営統合し、当社、飯田グループホールディングスが誕生しました。「より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を創造し、豊かな社会作りに貢献する」という経営理念のもと、戸建分譲住宅・注文住宅・分譲マンションを提供しています。

事業紹介

戸建て事業

画像

私たちがお客さまに届ける家は毎日約100棟、1年間で約4万棟です。
これだけ多くの家を建てているから、建築資材の一括仕入れや自社工場での木材加工によって、コストカットが可能になるのです。
私たちがいい家をリーズナブルに提供できる秘密です。
またコストを抑えながら良質な家をお渡しできるよう、厳しい検査基準と照らし合わせ心を込めて建てています。

※2016年4月1日~2017年3月31日 住宅産業研究所調べ

画像

「好立地」の基準はひとりひとり異なるはずです。間取りや家具は建てたあとに変えることができますが、立地を変えることはできません。
だからこそ、あなたにぴったりの街に住んでいただきたいと私たちは考えます。私たちは、全国400を超える拠点をベースに、地盤の強度、利便性、周辺環境など、さまざまな観点から土地を選び、たくさんのご家族の「好立地」にお応えしています。

※当社連結対象子会社すべての戸建分譲営業拠点数の合算値

マンション分譲事業

画像

マンション分譲事業では、関東圏を中心として分譲マンションの供給を行っており、「プレシス」シリーズ、「センチュリー」シリーズ、「サンクレイドル」シリーズでブランド展開しています。

戸建住宅の開発事業において築いてきた全国的なネットワーク力を活かし、上質な土地を適正価格で仕入れ、また、用地の仕入れ段階から緻密なマーケティングを行うことで、快適かつリーズナブルなマンションをお客様にご提供しています。

請負工事事業

画像

「もっと自分らしく暮らしたい」というお客様からのご要望や幅広いニーズにお応えするため、当社グループでは、高品質でリーズナブルな規格型注文住宅と自由度の高い自由設計注文住宅の両方について複数の注文住宅ブランドをご用意しております。

また、豊富な住宅建築実績を活かし、安心かつ快適な住宅リフォームをご提案しています。

ホールディングス体制

画像

飯田グループホールディングスは、グループ全体にかかわる「経営戦略の検討・立案・推進」「グループシナジーの創出」「グループ各社の事業効率向上支援」などの経営支援を行っています。
このようなホールディングス体制を通じて、グループ各社が行っている各事業の成長 ・発展を図り、グループ全体の企業価値向上を目指します。

スクロールトップ