家づくりへの思い品質と価格にアイディアを

LiGNAGE(リナージュ)は、アイディホームの住宅ブランド。
フランス語で「血統」を意味するこの名前は、「良質な住宅を提供し続ける」という私たちの企業ポリシーを正統に受け継ぐ住まいであることを表しています。

高品質な住まいは確かな基本構造から施工編

高品質な住まいは確かな基本構造から施工編

  • 1木造軸組工法

    日本の気候風土に適した在来工法

    ベタ基礎工法

    柱、梁などの軸組みで構造体を作り、接合部には金物・筋かいなどで補強をし強度を高めます。木材はプレカットにより品質のバラツキを防ぎ、安定した品質の住宅を供給しています。

    ※筋かい仕様の他に下記の仕様があります。

    ベタ基礎工法

    ダイライト下地仕様

    防腐・防蟻性にすぐれ、寸法安定性・透湿性にもすぐれています。また軽量ながら構造用合板(特類)と同じレベルの強度を誇るとともに、防火性も高いと言われています。

    ベタ基礎工法

    構造用合板下地仕様

    合板とは、丸太をカツラ剥きにした薄い板を貼り合わせた面材。構造用合板はさらに強度を高めた合板で、他の製材やボードと比べて割れにくく、強度があり、耐水性が高い等の長所もあります。

  • 2ベタ基礎

    剛性・耐久性にすぐれた施工方法

    鋼製床束

    ベタ基礎は、コンクリートで建物の下一面を支える工法。鉄筋コンクリートで強度を強めたベタ基礎の耐圧盤を1階の床下全面に施工し、広い耐圧盤の面で建物の荷重を地盤に伝えます。

  • 3鋼製床束(1階)

    腐食に強い鋼製床束で床を力強く支持

    耐震金物

    建物の床を支える「床束」と呼ばれる支持材に、サビやシロアリを寄せ付けない鋼製の床束を採用。従来品に比べ信頼性が高く、安心の強度で床の荷重を支えます。

  • 4剛床工法(2階)

    横揺れに強い「剛床工法」を採用

    床に厚さ24mmの合板を敷く「剛床工法」を採用。土台と梁に直接留め付け、床を一つの面として一体化させることにより、建物のねじれや変形を防ぎます。横からの圧力にも非常に強く、台風や地震にも抜群の強度を発揮。

    剛床工法

※地域や物件によって、仕様、及び工法が異なる場合がございます。

安心・快適・安全な住まいづくりへの工夫環境、居住空間、耐震編

安心・快適・安全な住まいづくりへの工夫環境、居住空間、耐震編

リナージュ(アイディホーム株式会社)
  • 1シックハウス対策

    環境に優しく、近隣への配慮も考えた効率的なプレカットシステム

    フローリングなどの建材には、有害物質の発散を抑えたJIS・JAS、または国土交通大臣認定規格で定められている最高ランクF✩✩✩✩(フォースター)を採用し、暮らす方の健康に配慮しています。

  • 2断熱材

    最新技術「基礎パッキン工法」で床下の湿気を排除

    床・天井・壁の隙間に断熱材を入れることで、外部との断熱性・室内の保温性を高め、快適な居住空間を保ちます。※断熱材は仕様により異なります。

  • 3耐震金物

    建物の劣化を防ぐ湿気・内部結露対策Low-E複層ガラス

    Zマーク表示金物※または同等認定品を使用し、耐震性を高めています。耐震接合金物を使用することにより、建物にかかる応力を有効に伝達することができるため、安定した強固な構造体となります。
    ※Zマーク表示金物とは、(財)日本住宅・木材技術センターが開発し、昭和54年より住宅金融公庫監修「木造住宅工事共通仕様書」に記載され、事実上公認の基準金物をいいます。

住宅の成績表「住宅性能評価書」を住宅性能評価W取得

住宅の成績表「住宅性能評価書」を住宅性能評価W取得

リナージュ(アイディホーム株式会社)

住宅性能
表示基準

住宅性能評価書は厳しいチェックを通過した証

4項目で最高等級を取得

4項目以外においては、建築基準法で定められた内容を担保しています。

住宅性能表示基準
住宅性能表示基準

※条件により一部最高等級が取得出来ない場合があります。

スクロールトップ