不動産関連情報
不動産関連情報

耐震等級とは

耐震等級とは住宅性能表示制度の1つで、建物がどの程度大きな地震の力まで倒壊、崩壊しないかを評価し、1~3の数値(等級)によって表されます。等級が高くなるほど、より大きな力に耐える住宅であることを表し、耐震等級3が最高等級とされています。住宅に関する専門的な知識が無い方にとっても、耐震の状態が分かりやすいようになっています。

耐震等級1から3までの基準内容(構造躯体の倒壊等の防止)

耐震等級1(建築基準法の耐震性能を満たす水準)
極めて稀に(数百年に1度程度)発生する地震による力に対して倒壊、崩壊しない程度。
耐震等級2
耐震等級1の地震力の1.25倍の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度。
耐震等級3 【最高等級】
耐震等級1の地震力の、1.5倍の地震に対して倒壊、崩壊しない程度。

耐震等級の「地震保険」控除

耐震等級を取得した場合、「地震保険」の控除を受けることが可能です。
割引率は等級に応じて異なります。

耐震等級1 耐震等級2 耐震等級3
10% 30% 50%

飯田グループホールディングスの家は耐震等級が上位ランク!

スクロールトップ