住まいを探すときも、買った後も、
ずっと人生に寄り添うあなたのライフパートナーです。

戸建て関連知識

戸建て関連情報 戸建て関連情報

住まいの保証について

2000年4月1日から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」には10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。瑕疵とは、簡単に言えば「欠陥」の事です。瑕疵が見つかった場合、売主は法律に基づき、補修や損害を賠償する責任があります。
また法律で定められている範囲以外で不具合が見つかった際、一定期間無償で補修してくれる「アフターサービス」もあります。これは売主独自の保証で、各グループ会社が独自のサービスメニューで実施しております。
飯田グループでは、アフターサービスはもちろん、長期保証制度(条件付)を用意しています。住宅購入後のフォローサービスも、住宅購入の大切なポイントです。各グループ会社の保証制度を是非ご確認ください。

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」4分野において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

飯田グループの
分譲住宅を探す

瑕疵担保責任の10年保証対象部位

瑕疵担保責任の10年保証対象部位 瑕疵担保責任の10年保証対象部位

【各項目の保証年数はいづれも10年です。】

項目 年数 無償補修の対象となる不具合事象 個別免責事項
基礎・基礎杭(地盤補強工事を含む) 10年
  1. 構造耐力上支障のある亀裂・欠損
  2. 建物対角線上で傾斜の程度が6/1000 を超える不等沈下
  1. コンクリートの材質的な収縮に起因する、構造上特に差し支えない亀裂
  2. 保証者が施工の検討及び施工を行わなかった基礎にかかる保証
土台・柱・梁・桁・小屋組・耐力壁 10年
  1. 構造耐力上支障のある木材の腐朽
  2. 構造耐力上支障のある亀裂
  3. ねじれ・傾斜による壁の盛り上がり等
  4. 離れた2点間の傾斜の程度が6/1000以上(2点間の距離は、梁で3m以上、柱で2m以上)
  5. 仕上材から下地材又は構造材にまたがったひび割れ
  1. 木材の材質的な収縮に起因する、構造上特に差し支えない亀裂・隙間
  2. ヒラタキクイムシ・白蟻等による食害
  3. 床下換気ロ・屋根換気口が塞がれていた場合
床・床組み 10年
  1. 構造耐力上支障のある木材の腐朽
  2. 構造耐力上支障の有る亀裂
  3. 3m以上離れた2点間の傾斜の程度が6/1000以上
  1. 木材の材質的な収縮に起因する、構造上特に差し支えない亀裂
  2. ヒラタキクイムシ・白蟻等による食害
  3. 床下換気ロ・屋根換気口が塞がれていた場合
屋根・外壁・バルコニー・外装 10年
  1. 室内への雨漏り
  2. 雨水の浸入による室内仕上材の汚損
  3. 雨水の浸入による構造躯体・部材の著しい損傷
  4. 仕上材および下地材にまたがったひび割れ、欠損
  5. 複数の乾式仕上材にまたがったひび割れ、欠損
  6. 陸屋根などで直下に居室がある場合には、防水上支障のある防水層の劣化・ひび割れ
  1. シーリング・コーキング部分の止水性能の劣化
  2. 台風・暴風雨等の一時的な漏水
  3. 枯葉等の異物の詰まりに起因するもの(特にバルコニー)
  4. 敷地内冠水による基礎内への浸水
  5. 家具・調度品等の汚損( 二次被害)
地下室 10年
  1. 地下水の浸入による屋内仕上面の汚損及び部材の著しい損傷
  1. 台風・暴風雨等による一時的な浸水
  2. 敷地及び周辺の地下水位の上昇に起因する場合
  3. ガレージ等、生活上支障のない部分への地下水の浸入

※保証期間はお引渡日から起算します。

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」4分野において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

飯田グループの
分譲住宅を探す

戸建て住宅(建売)関連知識

記事一覧

不動産関連知識

記事一覧

注文住宅関連記事

  1. 注文住宅をローコストでできる理由とは?メリットデメリットも解説

    注文住宅をローコストでできる理由とは?メリットデメリットも解説

    ローコスト住宅とは一般的な建築費よりも費用を抑えられた住宅を指します。ひと昔前の『ローコスト住宅』は「安かろう悪かろう」というイメージが強かったのですが、 様々な工夫でコストを抑えて商品提供する企業が増えてきました。 土地から購入して新築する方の増加に伴い、『総額の圧縮』や『土地費用優先』という方々の選択肢 になってきています。実際に一般的な住宅とローコスト住宅の違いついて見ていきましょう。

  2. 注文住宅の土地購入から建築までの流れと期間

    注文住宅の土地購入から建築までの流れと期間

    住宅は一生に一度の大きな買い物です。ほとんどの方が購入した経験がありません。 慎重に検討する印象もありますが、期間に関しては人それぞれ。 住宅完成までに1年かからない方もいれば5年かけて完成した方もいらっしゃいます。 注文住宅はゼロから作るオーダーメイドの住まいです。 入居したい時期にしっかりと目標を定めて計画的に進めていきましょう。

  3. 平屋が叶える家事ラクな暮らし

    平屋が叶える家事ラクな暮らし

    「ひと昔前の日本家屋」「セカンドライフを楽しむ住まい」「別荘」など人それぞれ異なるかと思いますが以前はそんな印象の強かった平屋、でも最近は『子育てファミリー』にも人気が出てきました。

  4. 失敗しない二世帯住宅に必要な事

    失敗しない二世帯住宅に必要な事

    同居ってあまりいい話を聞かない?二世帯同居の際にはしっかりと話し合って快適に暮らせるルールを決めていきましょう。

  5. 注文住宅でおすすめの間取りは?良い間取りのポイントを紹介!

    注文住宅でおすすめの間取りは?良い間取りのポイントを紹介!

    間取りの良し悪しは人それぞれ。『いい間取り』『人気のある間取り』と一言に言ってもご家族の人数や年齢によっては、参考にならない間取りとなってしまう事があります。

  6. 注文住宅に多い失敗例と対策を解説!

    注文住宅に多い失敗例と対策を解説!

    注文住宅に多い失敗例をまとめました。知人の家、住宅展示場はあくまで参考に。住まいは家族の形やライフスタイルを反映する鏡のようなものです。家族の数だけ間取りがあると言っても過言ではありません。

  7. 注文住宅とはどんな家?

    注文住宅とはどんな家?

    新築一戸建ての購入を検討する際には2つの購入方法があります。 1つはオーダーして建築する「注文住宅」、2つ目は建築中または完成している「建売住宅」。 では注文住宅は0からオーダーしていく商品だけかというとそうではありません。 大きく分けて3つのバリエーションがあります。

  8. 注文住宅の価格相場は?坪単価とは?

    注文住宅の価格相場は?坪単価とは?

    設備仕様や建物サイズによっても大幅に価格の異なる注文住宅。好みに応じたカスタマイズが出来るとはいえ、一般的に建築費はどのくらいになるのでしょう。住宅金融支援機構の【フラット35】2018年度利用者調査によると下記のようなデータがあります。

記事一覧