不動産関連情報
不動産関連情報

住まいの保証について

2000年4月1日から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で
新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」には10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。
瑕疵が見つかった場合、売主は法律に基づき、補修や損害を賠償する責任があります。

また法律で定められている範囲以外で不具合が見つかった際、一定期間無償で補修してくれる「アフターサービス」もあります。
これは売主独自の保証で、各社が独自のサービスメニューで実施しております。

飯田グループでは、アフターサービスはもちろん、長期保証制度(条件付)を用意しています。
住宅購入後のフォローサービスも、住宅購入の大切なポイントです。売主の保証制度を是非ご確認ください。

いいだグループでは定期的な点検とメンテナンス工事のご提案とともに
条件付き長期保証システムを
採用しております!

点検・保証のスケジュール例

条件付長期保証は、お引渡後10年目以降、10年ごとの外装点検、5年ごの床下点検及び各有償メンテナンス工事の実施を条件に、お引渡後30年までを限度として、長期保証項目について10年間、防虫防蟻について5年間、各延長保証をするものです。有償メンテナンス工事完了後に、長期保証項目について「10年」、防虫防蟻について「5年」の各延長保証書を発行します。所定の点検 , 有償メンテナンス工事を実施されない場合は、保証期間は残余期間をもって終了します。

外装メンテナンス工事のみの実施では、白蟻等の食害が免責となりますので、防虫防蟻工事を併せてお勧めします。また、防虫防蟻工事のみでは、長期保証項目の延長はこざいませんので、こ注意下さい。

【定期点検】
第1回目 お引渡後6か月経過直前2ヶ月以内  : 床下・小屋裏の目視点検〔各点検口より目視点検〕
第2回目 お引渡後2年経過直前2ヶ月以内   : 床下・小屋裏の目視点検〔各点検□より目視点検〕
第3回目 お引渡後5年経過直前2ヶ月以内   : 床下の目視点検〔床下内全面の目視点検〕

※保証・定期点検の内容については売主により一部異なる場合がございます。詳しくは各売主にご確認ください。

買った後も安心の飯田グループ

スクロールトップ