不動産関連情報
不動産関連情報

建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

初めてのマイホーム購入。
「マンション? それとも一軒家?」「一軒家でも、建売住宅?それとも注文住宅?」と迷ってしまう方は少なくありません。
あらかじめ両方のメリット・デメリットを把握しておくことが大切です。ここでは、建売住宅と注文住宅それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

「建売住宅(分譲住宅)」「注文住宅」とは?

そもそも、建売住宅(分譲住宅)あるいは注文住宅とは、どのような住宅を指すのでしょうか?
注文住宅は、自身の決めた間取りや設備、外観に仕上げられる物件のことを指します。一般的に、設計は不動産会社やハウスメーカー、建築士に依頼し、建築は施工会社に依頼することになります。
分譲住宅地にいくつも同じような形で建てられ、分けて販売されるのが「分譲住宅」、既に建築されたものを販売されるのが「建売住宅」です(厳密には建売住宅も建築前から販売しています)。一般的に、「分譲住宅」はすでに建築済みの状態で販売される為、「分譲住宅」と「建売住宅」は、ほぼ同じ意味と捉えてよいでしょう。ここからは「分譲住宅」と「建売住宅」は、同義として扱います。

建売住宅のメリット・デメリット

メリット

予算をできるだけ抑えて購入できる
建売住宅のメリットは、注文住宅と比較して価格が安いという点です。
分譲住宅地に同じような家をいくつも建てることになることから、資材を大量に調達し、建築費用を安く抑えられるからです。
また、価格が明確なので予算が立てやすいメリットもあります。ご自身の資金計画でどこまで叶うのか明確に判断できます。
明確な価格での契約となるため、契約後に「一体どれだけの費用がかかるのか」と心配することがありません。
購入前に住宅を見て確認できる
建売住宅は(基本的には)すでに完成している住宅であるため、実物の建物(あるいは売出現地)へ見学に行くことができます。そのため、購入前に、見た目や間取り、内装はもちろん、日当たりのよさや収納スペースなど、生活環境を左右しかねない要素などを確認することが可能です。これは事前によく確認し、絶対に失敗したくないという方には嬉しいポイントとなります。
契約から入居までの期間が短い
すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるので、早めに引っ越しができます。
また、建売住宅にはさらに、土地と住宅を同時に購入するという特徴があります。
注文住宅であれば土地と住宅を別々で購入することが多いので、建売住宅の場合は比較的、手間が少ないとも言えます。
考えぬかれた住宅構造
分譲住宅の住宅構造は建築士により考えぬかれています。住宅に関するプロならではの視点から生活のしやすさを考慮して設計されているので、実際に生活を送ることになった際、分譲住宅なら不便を感じることは少ないといえます。

デメリット

変更できない
デメリットは、部屋の間取りや広さを選択できないという点です。分譲住宅はすでに建てられてから販売される建売住宅であることが大半であるため、設計プランはすでに決められており、「リビングをもう少し広くしたい」、「キッチンはこだわりたい」などの要望は通りません。また土地の広さも確定しているため、「庭をもう少し広くしたい(狭くしたい)」などの要望も通りません。そのため、デザインの細部までこだわりたいという方には不向きです。
デザインに個性が少ない
外装デザインも既に決まっているため変更することができません。特に大規模な分譲の場合、同じような外観が立ち並びます。そのため、個性を重視したい方には不向きです。

注文住宅のメリット・デメリット

メリット

友人が羨むような夢のマイホーム
注文住宅のメリットは何といっても、自身の理想どおりのマイホームを手に入れることができるという点です。
まずは土地から探すことになるため、自身の要望に合わせて住宅の広さや部屋の間取りを決めることができます。また、外観や内装のデザイン、住宅設備も自由に選択できます。
もちろん、要望が多いとその分費用はかかってしまいますが、「友人が羨むような夢のマイホームを手に入れたい」という方には最適な方法です。
進捗状況をチェックできる
注文住宅なら、建築現場を自身の目でチェックできるので、進み具合や状態を常に把握することができます。途中、気になる点が出てきた際は質問することも可能で、より安心して任せることができるのです。設計の段階から関わる機会が多くなることから、建売住宅と比較して住宅への愛着度が高いともいえるでしょう。

デメリット

価格が不明確
建売住宅より手間がかかる注文住宅はどうしても割高になります。理想を形にしようとするので、どうしても予算オーバーとなりがちです。また地盤改良や上下水道引き込み費用など計画を進めていく中で予想外の費用が発生する場合があります。
時間、手間がかかる
契約して即入居の建売住宅に比べ、相談事項が多い注文住宅は、初期面談・契約~引っ越しまでに時間がかかります。
また壁紙や建具の色など細かな仕様も考える必要がある為、検討時間・手間がかかる点もデメリットといえるでしょう。

まずはすまいーだで物件をさがしてください!

スクロールトップ