不動産関連情報
不動産関連情報

フラット35とは

フラット35とは全期間固定金利の住宅ローンです。

目次

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」7項目において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

飯田グループの分譲住宅を探す

フラット35のメリット・デメリット

メリット

全期間が固定金利なので返済額が変わらず安心できる。
銀行等ほど審査基準が厳しくないため、個人事業主の人なども借りやすい。
ローン保証料がかからない。
ローン保証料について詳しくは、「住宅購入時の諸費用」ページをご覧ください。
団体信用生命保険の加入が任意。
団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンの返済中に万が一のことがあった場合、保険金により残りのローンが弁済される保障制度であり、銀行等の住宅ローンでは加入は必須となります。
繰り上げ返済の手数料が無料。
フラット35Sを利用することでさらに金利の引き下げも可能。

デメリット

諸費用分まで借りることは不可。
返済時に金利が下がったとしても、返済額は下がらない。
銀行等の変動金利よりも金利が高めに設定されている。
住宅の技術基準があるため、物件の検査などが必要になる。
団体信用生命保険に加入したい場合は別途費用がかかる。

フラット35に向いている人・向いていない人

向いている人

変動する金利の上昇に不安を感じるため、固定金利を望む人。
転職したばかり、あるいは個人事業のため収入が安定せず、ローンを借りづらい人。
健康に不安があり、団体信用生命保険の加入が難しい人。

向いていない人

毎月の支払い額を最優先に考えたいという人。
変動金利による低めの金利を選択したい人。
他の民間ローンで金利優遇されている人。(※フラット35の方が民間ローンよりも金利が高いため。)

【フラット35】S

フラット35の技術基準レベル

【フラット35】S とはフラット35を利用予定の住宅が、省エネルギー性、耐震性などに優れている場合、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

【フラット35】S には、2つの金利引下げプラン(Aプラン、Bプラン)があり、住宅性能や構造によって適用される金利プランが異なります。

ファミリーライフサービス

住宅ローンのことは
「ファミリーライフサービス」に
お任せください!

ファミリーライフサービスは飯田グループホールディングスのグループ会社です。

フラット35を中心に取り扱いがある金融機関(モーゲージバンク)は沢山ありますが、その中でもファミリーライフサービスは平成12年に設立していて取扱金融機関の中でもかなり長い会社です。グループ会社の物件の販売をサポートします。

ファミリーライフサービスの場合はフラット35の商品内容を熟知している正社員のスタッフが対応してくれるので、非常に安心感があります。住宅ローンのことは是非「ファミリーライフサービス」にお任せください!

借換えも「ファミリーライフサービス」へ

マイナス金利政策で低い金利となったフラット35。今だから全期間固定金利へお借換えがおすすめです!
借りている住宅ローンのことどこまで覚えていますか?金利は?あと何年?残りはいくら?
お借換えを行うと支払総額が下がるかもしれません。ファミリーライフサービスでは住宅ローンの借り換えも対応できます。

飯田グループホールディングスの
家は全棟【フラット35】Sが
適用できます!※一部例外あり

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」7項目において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

アイコン

全国の新築一戸建てを探す

都道府県を選択してください。

不動産関連知識人気の記事ランキング

記事一覧

不動産関連知識

記事一覧

戸建て住宅(建売)関連知識

記事一覧

注文住宅関連記事

記事一覧

売却相談関連知識

記事一覧
スクロールトップ