不動産関連情報
不動産関連情報

購入の流れ

新築一戸建て購入の計画からご入居までのポイントをステップごとにまとめました。
お客様の新築一戸建て購入のご参考にしていただければと思います。

①住まいのイメージと優先順位付け

住まいの購入を考えたら、まずは家族構成やライフスタイルをもとに、住まいのイメージづくりをしましょう。
その際には、希望条件に優先順位をつけることが重要です。エリア、沿線、通勤通学の便、広さ・間取り、価格、日当り、周辺環境など、しっかりと整理しておきましょう。

②資金計画

イメージが固まったら、 資金計画について検討しましょう。
購入にあたっては、 物件価格の他にも諸経費(税金や引越し費用など)がかかります。
「自己資金+安全な住宅ローン借入額-諸費用」が購入可能な物件の価格となります。返済額の目安は可処分所得額の30%以下がお勧めです。
住宅ローンは、固定金利or変動金利、利率、返済期間など様々あります。各種住宅ローンの中から、ご希望にそった無理のない返済プランを選択しましょう。

③物件選び

住まいのイメージが固まり、エリアや価格帯などの希望条件がはっきりしたら、希望にかなう物件を探しましょう。
→すまいーだで物件を探す

④現地見学

気になる物件が見つかったら、早速連絡し、現地見学に行きましょう。
ご覧になる物件の内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども、ご自身の目でしっかりチェックしておくことが大切です。
チラシ広告やインターネットだけではよくわからない点もたくさんあります。

【建物チェックポイント‐物件自体】

  • 内・外装の材質や汚れ、ひび割れは?
  • 部屋数や使いやすさは?
  • 日当たりや風通し、騒音の有無は?
  • ドアや襖はスムーズ?
  • 畳や床のきしみは?
  • 雨漏りや腐食の状況は?
  • 台所や浴室、トイレの換気は充分?
  • 水まわりの設備状況は?
  • 収納スペースは充分?
  • 車庫や空調設備の状況は?
  • 私道や共用施設の有無は?
  • 増改築の必要性は?

【建物チェックポイント‐物件周り】

  • 周辺道路の状況(交通量など)は?
  • スーパーや商店街は?
  • 病院は?
  • 学校や幼稚園、図書館などへの距離は?
  • 最寄り駅からの時間は?
  • 始発・終電の時間や混雑状況は?
  • 晴れた日、雨の日の状況は?

建物が未完成の場合もありますが、その際は営業マンに納得のいくまで説明を受けたり、他の完成済み物件を見せてもらったりしましょう。

⑤ご契約

ご購入されたい物件が決定したら、買主様と売主様の契約条件の確認や調整を行い、宅地建物取引士から重要事項の説明を受けた上で、不動産売買契約を交わします。
重要事項説明書と不動産売買契約書の内容は、重複する部分も多く、取引内容や当事者の権利や義務等が記載されていますので、 不明点などが無いかしっかりと確認してください。
買主様と売主様が署名捺印し、 買主様が手付金を支払うと正式に契約が成立します。
不動産売買契約の締結後は、契約書に記載された内容に基づいてお互いの権利や義務を履行することになります。買主様には売買代金の支払義務が生じ、義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もあります。またトラブルを防ぐために口頭での約束は避け、大切な事項はすべて書面で内容を確認するようにしましょう。

⑥住宅ローン申請

不動産売買契約が完了したら、必要書類を揃えて住宅ローンの申し込み手続きを行います。
住宅ローンには、大きく分けて「公的融資」と「民間融資」があります。ご自身のご希望以外に、 資格条件や取得する住宅の種類、分譲する機関によってお申し込み先が決まります。
住宅ローンを申し込んだ銀行から内定が決定次第、銀行で金銭消費貸借契約の手続きを行います。

⑦火災保険・地震保険の加入

ご購入の建物に関するさまざまな災害に備えるため、火災保険や地震保険の契約を行います。

⑧登記申請の準備

建物完成あるいは完成間近になったら、建物の登記申請(所有権保存登記、抵当権設定登記)の準備を行います。
建物竣工後に、営業マンの立会いの下、完成物件の最終確認を行います。細部まで念入りにチェックし、問題があれば引渡しまでに改善しておいてもらいましょう。

⑨残金決済・引き渡し

買主であるお客様は契約した物件の残金と諸費用等を支払います。それと同時にご契約いただいた物件の登記名義を売主から買主に移転し、建物の鍵等をお渡しします。この手続を行うにあたって、買主と売主、そして司法書士と銀行の4者のスケジュールを調整することになります。

⑩入居

いよいよ待望の新居への入居です。引っ越しには引っ越し荷造り・荷ほどきの他に、住民票の移動、転校手続き(お子様がいる場合)、電気・ガス・水道・電話・新聞の住所変更や郵便物転送手続きなどがございます。スムーズな転居を行うために、事前にチェックリストを用意して一つずつ確実に処理していきましょう。

まずはすまいーだで物件をさがしてください!

スクロールトップ