住まいを探すときも、買った後も、
ずっと人生に寄り添うあなたのライフパートナーです。

戸建て関連知識

戸建て関連情報 戸建て関連情報

物件購入の流れ~資金計画・契約・購入まで~

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」4分野において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

飯田グループの
分譲住宅を探す

マイホームを検討されている方は、色々調べているうちに、住宅についてわからないことがでてきます。
物件探しどうやって進めればいいの、購入までの流れは、資金はどれぐらい必要なの、マイホームを選ぶ基準は・・・などなど。
ここでは、住宅探しのスタートからゴールまで、みなさんに役立つ情報をわかりやすく説明します。

①住まいのイメージと優先順位付け

住まいの購入を検討し始めたら、まずは家族構成やライフスタイルをもとに、理想の暮らしのイメージづくりをしましょう。
その時に重要なことは、希望条件に優先順位をつけることです。
エリア、沿線、通勤通学の便、広さ・間取り、価格、日当り、周辺環境など、どんな暮らしをしたいのか思うままに書き出して、しっかりと整理しておきましょう。

②資金計画

イメージが出来上がったら、 資金計画について検討しましょう。
物件購入時には、 物件価格の他に諸経費(税金や登記費用、諸々の手数料など)がかかります。
「自己資金+住宅ローン借入額-諸費用」が購入可能な物件の価格となります。
住宅ローンの毎月の返済額は、金利のタイプ(固定金利と変動金利)や返済方式、返済期間で決まります。よく検討して無理のない返済プランを選択しましょう。

③物件選び

住まいのイメージが固まり、エリアや価格帯などの希望条件が把握できたら、希望に沿った物件を探しましょう。

④現地見学

気になる物件が見つかったら、早速不動産会社へ連絡し、現地見学に行きましょう。
見学する物件の内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども、自分の目でしっかりチェックしておくことが大切です。チラシ広告やインターネットだけではよくわからない点がたくさんあります。
複数の物件を見学すれば、こだわりたいポイントや、自分なりの相場観も見えてくるはず。
納得できる物件が、なかなか見つからない場合は、エリアなどの条件を広げて探してみましょう。
ここで、物件を見学する際のチェックポイントを幾つか挙げておきます。

【建物チェックポイント‐物件自体】

  • 内・外装の材質や仕様は?
  • 部屋数や使いやすさ・動線は?
  • 日当たりや風通し、周辺の騒音や・嫌悪施設の有無は?
  • 収納スペースは充分?
  • 車庫の広さや庭周りの状況は?

【建物チェックポイント‐物件周り】

  • 周辺道路の状況(交通量など)は?
  • 最寄り駅からの時間は?
    ※実際に駅まで歩いてみることをお勧めします。
  • 晴天・雨天、昼間・夜間、平日・休日の状況は?

買物施設や小中学校・医療施設等は、見学する前にある程度は把握できますが、実際に周辺を散策することで新たに発見することもあります。
また、建物が未完成の場合もありますが、その際は営業マンに納得のいくまで説明を受けたり、他同仕様の完成物件を見せてもらったりしましょう。

⑤ご契約

購入したい物件が決定したら、いよいよ契約です。
宅地建物取引士から重要事項の説明を受けた上で、不動産売買契約を交わします。
重要事項説明書と不動産売買契約書の内容は、重複する部分も多く、取引内容や当事者の権利や義務等が記載されていますので、 不明点などをしっかり理解した上で契約します。
売買契約後は、契約書に記載された内容に基づいて、お互いの権利や義務を履行することになります。トラブルを防ぐために口頭での約束は避け、大切な事項はすべて書面で内容を確認するようにしましょう。

⑥住宅ローン申請

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行います。
その後、金融機関による審査を経て、承認されれば金融機関と正式なローン契約(金銭消費貸借契約)を結ぶことになります。

⑦火災保険・地震保険の加入

ご購入の建物に関するさまざまな災害に備えるため、火災保険や地震保険の契約を行います。
※契約は住宅ローンを借りるときに締結する金銭消費貸借契約と同時に行うことが一般的です。

⑧内覧チェック

建物竣工後に、売主立会いの下、完成物件の最終確認を行います。
ここでは建物の状態・仕上がりが契約と異なる部分はないか、きちんと確認しておきましょう。問題があれば引渡しまでに改善しておいてもらいましょう。

⑨残金決済・引き渡し

買主様は、契約した物件の残金と諸費用等を売主へ支払います。
それと同時に、売主は契約した物件の登記名義を買主様に移転し、建物の鍵等をお渡しします。

⑩入居

いよいよ待望の新居への入居です。
引き渡し時にもう一度建物の状態を確認し、問題がなければ新生活のスタートです。
入居の翌年には、確定申告で住宅ローンの控除申請も忘れないようにしましょう。

飯田グループの分譲住宅

飯田グループホールディングスは新築分譲戸建住宅で「住宅性能表示制度」4分野において全棟最高等級取得!
全国の豊富な掲載物件から、あなたにぴったりの安心いい家をご提案いたします。

飯田グループの
分譲住宅を探す

戸建て住宅(建売)関連知識

記事一覧

不動産関連知識

記事一覧

注文住宅関連記事

  1. 注文住宅をローコストでできる理由とは?メリットデメリットも解説

    注文住宅をローコストでできる理由とは?メリットデメリットも解説

    ローコスト住宅とは一般的な建築費よりも費用を抑えられた住宅を指します。ひと昔前の『ローコスト住宅』は「安かろう悪かろう」というイメージが強かったのですが、 様々な工夫でコストを抑えて商品提供する企業が増えてきました。 土地から購入して新築する方の増加に伴い、『総額の圧縮』や『土地費用優先』という方々の選択肢 になってきています。実際に一般的な住宅とローコスト住宅の違いついて見ていきましょう。

  2. 注文住宅の土地購入から建築までの流れと期間

    注文住宅の土地購入から建築までの流れと期間

    住宅は一生に一度の大きな買い物です。ほとんどの方が購入した経験がありません。 慎重に検討する印象もありますが、期間に関しては人それぞれ。 住宅完成までに1年かからない方もいれば5年かけて完成した方もいらっしゃいます。 注文住宅はゼロから作るオーダーメイドの住まいです。 入居したい時期にしっかりと目標を定めて計画的に進めていきましょう。

  3. 平屋が叶える家事ラクな暮らし

    平屋が叶える家事ラクな暮らし

    「ひと昔前の日本家屋」「セカンドライフを楽しむ住まい」「別荘」など人それぞれ異なるかと思いますが以前はそんな印象の強かった平屋、でも最近は『子育てファミリー』にも人気が出てきました。

  4. 失敗しない二世帯住宅に必要な事

    失敗しない二世帯住宅に必要な事

    同居ってあまりいい話を聞かない?二世帯同居の際にはしっかりと話し合って快適に暮らせるルールを決めていきましょう。

  5. 注文住宅でおすすめの間取りは?良い間取りのポイントを紹介!

    注文住宅でおすすめの間取りは?良い間取りのポイントを紹介!

    間取りの良し悪しは人それぞれ。『いい間取り』『人気のある間取り』と一言に言ってもご家族の人数や年齢によっては、参考にならない間取りとなってしまう事があります。

  6. 注文住宅に多い失敗例と対策を解説!

    注文住宅に多い失敗例と対策を解説!

    注文住宅に多い失敗例をまとめました。知人の家、住宅展示場はあくまで参考に。住まいは家族の形やライフスタイルを反映する鏡のようなものです。家族の数だけ間取りがあると言っても過言ではありません。

  7. 注文住宅とはどんな家?

    注文住宅とはどんな家?

    新築一戸建ての購入を検討する際には2つの購入方法があります。 1つはオーダーして建築する「注文住宅」、2つ目は建築中または完成している「建売住宅」。 では注文住宅は0からオーダーしていく商品だけかというとそうではありません。 大きく分けて3つのバリエーションがあります。

  8. 注文住宅の価格相場は?坪単価とは?

    注文住宅の価格相場は?坪単価とは?

    設備仕様や建物サイズによっても大幅に価格の異なる注文住宅。好みに応じたカスタマイズが出来るとはいえ、一般的に建築費はどのくらいになるのでしょう。住宅金融支援機構の【フラット35】2018年度利用者調査によると下記のようなデータがあります。

記事一覧